主婦がFXを始めるときに気をつけること

FXを始めて3年になる専業主婦です。これまでトータルとしてはかなり利益をあげているので、毎月ちょっとしたお小遣いになっています。というか家計の足しになっています。お弁当にウインナーを入れるようにしたり(今までは晩御飯の残りのみでした。)、フルーツに苺をつけられるようになってきました(今まではリンゴでした)。主婦の重要な仕事として家計管理というものがあります。旦那さんのお給料が相当ないかぎり、なかなか毎月のやりくりは難しいのが現状です。

やはり一度きりの人生楽しみたいのと思うものです。とはいえ、子供の面倒や親の介護があったら外へ働きにでるのは難しいと思います。私もそうだったのですが、自宅でできる仕事が一番です。そこで私がたどりついたのがFXです。FXというのはハイリスクハイリターン商品ということで、ちょっとこわいかなと思っている主婦の方も多いと思います。でも、実際はリスク管理を徹底することで、とても便利で簡単な副業となりえるのだということが分かると思います。こわいなと思っている方は、とりあえずデモ口座からチャレンジするのがおすすめです。デモ口座であれば損をすることはありません。

今は大手のFX業者であればどこでもデモ口座を持っています。数分で開設できますので、一度FX取引というものがどのようなものなのか体験するといいかと思います。中にはデモ口座といっても、その中で成績がいいと景品がもらえるようなコンテストを行っているところもあります。一応、自分の少ない時間を使ってやるわけですから、コンテストに参加して景品を狙うというものいいですよね。以前は車が商品だったこともあります。他にも液晶テレビやデジタルカメラなど高額景品が並んでいますから、ノーリスクでチャレンジしてみるのもいいでしょう。私自身、デモ口座で手ごたえを感じて始めました。デモ口座で慣れたら本番に突入するわけですが、損をしないように気をつけるというのは大切ですが、投資なのでそれに関してはどうしようもありません。損をするときには損をしてしまうものなのです。その損をどれだけ最少におさえられるかということが非常に大切になってきます。損しないための引き際の違いがFX勝者とFX敗者を分けます。ベテランと初心者の違いということも言えるでしょう。大きな金融ショックがあるときには引き際が肝心です。自分の中でのロスカットルールを確立しておき、値が底をついたと思った時に再チャレンジして挽回するというのが一つの戦略です。