みなさんは、ご自分のお車を売ったことがありますか?中古のお車をご購入されたことはありますか?買取の車、このお車はどんな風に新しいオーナーさんの元へ行くのでしょうか。
一般的に、中古車というのは業者オークションにて取引をされることになります。そこで取引される金額が、車買取の金額、新しいオーナーさんが購入する金額に反映されることになります。そのため、買取の車の金額は、人気のある車種であればその分高い金額がつくことになります。需要と供給の関係が、この金額にも大きく影響されるようです。
では、この買取の車、どのような流れでオーナーさんから買取されるのでしょうか。一般的な流れを、こちらでご紹介します。
まずは、お好きな方法により買取のお見積りを出してもらいます。このお見積りの方法は、メール、電話、ファックスなど色々ありますので、一番使いやすい方法で行います。その後、担当者より連絡が入ります。その、連絡の際に買取のおおよその買取金額がわかります。ただ、この時点では買取金額が確定ではありません。あくまでも、おおよその目安と考えてください。数社から、お見積りをとった場合はこのお見積りを参考にどこが良いか検討します。そして、ここが良いかなあと思ったお店に来店、または出張してもらいます。ここで、実際にお車を見てもらい査定してもらいます。この金額が、実際の買取の車の金額ということになります。買取の車の査定金額が出たら、そこで、このお店で売るかどうかを判断してください。もしも、気に入らない場合は無理に契約する必要はありません。その提示金額で良いと思ったら、そこで契約となります。契約書を交わし、契約後に売却額が入金されるという流れになります。担当者によっては、強引な方・業者もあるようなので、しっかりと意思を伝えましょう。今まで乗ってきた愛車を手放すのですから、損をしたり、嫌な思いはしたくないですからね。
人気車種以外は買取してくれないか?というとそんなことはありません。買取の車は、国産車、外車関係なく買取は可能です。年式なども、関係はありません。もしも、お車を売ろうと考えている方、ぜひまずは買取のお見積りをとってみてはいかがでしょうか。