車を売る

みなさんは、ご自分の車を売ることを考えたことがありますか?車を売るというのは、どういう時に考えるのでしょうか。
車を維持していくのが、経済的に大変になった。気がつけば、車に乗ることがほとんどなくなってしまった。転勤するので、この際だから手放してしまおう。結婚したら、車2台になっちゃうから手放そう。などなど、色々な理由から車を売るという結論にたどり着くのだと思います。車は、あればやっぱり便利。車があれば、行きたい時に、行きたいところに自由に行ける。そんな生活に慣れてしまうと、車を手放す、車を売るというのは結構勇気がいることかもしれません。でも、車を持ち続けるというのは、これが結構お金がかかるんですよね。車の保険に、駐車場代。ガソリン代に車検や車税など。もしも、車を売ることを決断すれば、この経費が一切かからなくなるんですよね。そう考えると、ちょっと考えちゃいますよね。自由でどこへでも行ける手段はなくなってしまいますが。
では、考えた末に車を売る決断をした時、みなさんはどんなところで車を売りたいですか?もちろん、買取金額は大事。高ければ高い方が、嬉しいのは間違いありません。でも、今まで色々な場所に連れて行ってくれた愛車。出来ることなら、大切に扱ってくれるところで手放したいと思いませんか。そして、大切に乗ってくれる新しいオーナーさんに出会って欲しいと。なんだかんだいっても、やっぱり愛着ある車。買取金額も大切だけど、買取をしてくれる方々の対応というのも大きく関わってくるような気がします。この人に任せれば安心、この人に委ねようみたいな気持ちがないと、なんだか愛車を手放すのも嫌になってしまう気がします。
こう考えると、一言で車を売るといっても、手放す理由にもよるとは思いますが、車はただの物を手放すという感覚とはちょっと違うような感じがします。大切なペットがどうしても飼えなくなってしまって手放す、そんな感覚。寂しいような、切ないような感じ。そう感じるのは、私だけでしょうか。