FXでタブーなのは、全ての利益を得ようをすること

ほとんどの人は、稼ぐという目的でFXを行っていると思います。ただ、逆方向に大きく動いてしまい、損切りが出来ないほどの含み損を抱えながらホールドしたままになっているとか、強制ロスカットを食らってしまい、大きく資金を失ったり、場合によってはリスクヘッジなどをしておらず、退場してしまったような人も数多くいる事でしょう。これはある意味当たり前であり、FXはゼロサムゲームなので雑誌や本で派手に数億円の利益を上げたとか、資産が何十倍にもなった人が登場している裏では、同じくらいの額を失っている人も存在しているわけですからね。

では、FXで稼いでいる側にいる人になるには、どうすればいいのでしょうか。実はそれにおいては非常に簡単で、大きな損失を出している人の逆のことをすればいいのです。勘違いしてほしくないのは、弱い人が持っているポジションの逆に張れという話ではないです。為替の値動きを完璧に読むというのは不可能に近いのでそういったお話ではありません。それは、稼げていない人はFXにおいて全ての利益を得ようとしているというタブーを行っているということなのです。投資の世界には頭と尻尾はくれてやれというのがあります。つまり、最安値も最高値も誰も分からないのでうまく利食いしないといけません。大きな含み損を抱えてしまっている人は、利益が出ていてももっと稼げるだろうと利食いをせずに結局逆方向に行ってしまったりしていると思います。ポジションを持てず、チャンスを逃し続けている人は最高値や最安値でエントリーしようを待ち構えて、そのままそのチャンスが無い人だと思います。

そして、もうひとつが全ての値動きで利益を得ようとしている人です。うまい人は勉強をして自分のリズムと合う場面でしか。ポジションを持ちません。例を挙げると、トレンドをフォローするか、上げの後の反動または下げの後の反動を取ります。動いたら、全てがチャンスだと全ての動きで利益が欲しいと欲張るので、思わぬ方向に行ってしまうわけです。安定して利益を上げている人は、法則に従っていますし、例え逆に行ってもすばやく損切りをするので、トータルでは利益になっているというわけなのです。ここまで書いてくると、FXでタブーなのは、全ての利益を得ようをすることが分かるでしょう。これを読んでいる人でうまく行っていない人は、しっかりと当てはまる言葉なのではないでしょうか。確実な利食いと損切りで、全てを得ようと考えないようにしましょう。